東京都

前野原温泉 さやの湯処【東京都板橋区】


都営三田線志村坂上駅から徒歩8分の「前野原温泉さやの湯処」に行ってきました。
着いたのは15時頃。女湯は平日とは思えない混雑っぷりでした。

温泉は露天風呂ゾーンに引かれています。
いくつか浴槽があるなかで、ひとつだけお湯の色が違う浴槽があります。
そこが源泉かけ流しの源泉風呂
緑がかった白濁というのでしょうか、施設のホームページではうぐいす色と表現してますね。
身を沈めると体が見えなくなるぐらいの濁りがあります。

金気臭と油臭を感じます。肌にべたつく感じもありました。嫌いじゃない泉質です。
泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉。なめるとかなりしょっぱい。

この源泉風呂以外の温泉浴槽、寝ころび湯、つぼ湯は
温泉を使用しているが加水、循環ろ過、塩素ありで、色も茶色っぽく変化しています。

結局、源泉風呂にほとんどいたわけですが、濃度が濃い。
浸かり過ぎてしまったのもあって、少し湯あたりしてしまいました。
家に帰ってきてだいぶ時間が経ってますけど、今も足はぽかっぽかです。
東京の温泉にしては入浴料が安いのもポイント高いと思います。


【2012年1月30日入湯】
入浴料/平日800円、土日祝1000円
営業時間/10:00~25:00(最終入館24:00)
休み/不定休
スポンサーサイト

武蔵小山温泉 清水湯【東京都品川区】

またまた半年の放置プレイ、
失礼致しました。

忙しかったので以前のようには温泉に行けてないのですが、
それでもぼちぼち気になるところを見つけては入りに行ってます。

こちらも以前から気になっていた東京の温泉銭湯。
東京の天然温泉というと黒湯が定番ですが、
2種類の源泉が楽しめるというのがこちらの魅力だと思います。

R0011338a.jpg
武蔵小山駅から徒歩5分の商店街(のはずれ?)にあります。
いきなりドーンとあらわれる建物。
リニューアルしたばかりなので施設はきれいです。

源泉は先に述べた通り2種類。
まずは内湯にジェットバスや電気風呂になった黒湯があります。
濃いめの黒色で、ややぬめり感があり、肌に良さそうな感じがしました。

そして露天風呂にはもうひとつの源泉、黄金の湯があります。
お湯はやや緑がかったような濁りのある湯で、
鉄分が多いためか、湯船の周りが赤茶色に変色している。
少し油臭のような匂いがして、肌触りは少しだけべとつく感じがありました。
東京で黒湯の施設は結構あるので、
地方の温泉を訪れたような、個性が感じられる良い湯だと思います。

温度設定がぬるめなので長く浸かっていられるのも良い点ですが、
この黄金の湯の湯船がかなり小さいので、土日などは混むかもしれません。
でも近所じゃなくても通いたくなる、
温泉気分が味わえる東京の優秀な銭湯だと思います。

鶴の湯【東京都江戸川区】

『鶴の湯』と言いましても、秋田のあの有名な秘湯ではなく、
船堀の温泉銭湯ですjumee☆faceA63

さて、船堀温泉銭湯めぐり2湯目のこちら。
乙女湯に負けない、充実ぶりでして、
露天風呂の癒し度は満点でやんす。

乙女湯温泉【東京都江戸川区】

都バスを乗り継いで、
さらりと江戸川区船堀の温泉銭湯めぐりに出かけてきました。

余談だけど、都バスって乗り継ぎ割引があって
2回目の乗車が100円になるのね。知らなかった。
これからもっと都バス利用率が増えそう!

さて訪れた2軒の温泉銭湯ですが、
どちらもほんと450円でいいのですかぁ~
という感じの施設の充実ぶり!
まずは乙女湯温泉から、どうぞ。

大谷田温泉 明神の湯【東京都足立区】

家からとっても近いのに、いままで足が遠のいていまして、
連休中とても暇だったので行ってみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。