2012年07月

上諏訪駅足湯【長野県上諏訪温泉】


上諏訪駅の上りホームにある足湯です。
目の前を乗降客が行き交うし、ホームに滑り込む電車を眺めながら浸かれます。

かつては露天風呂でしたよね。
入ったことはなかったのですけど、ガイドブックを作っていた頃、
諏訪湖サービスエリアの温泉とともに、変わり種温泉としてよく紹介していました。

昔はこの湯船を男女で仕切り、それぞれに脱衣所を設けて入浴していたそうですが、
防犯上の理由から、2002年に足湯に改装されたそうです。
この湯船を2つに分けるとかなり狭そうですし、
裸になるので開放感も今ほどなかったでしょうね。
足だけ脱ぐ形のほうが、電車待ちの間にも立ち寄りやすいですし。

無色透明で匂いもなく、あまり特徴は感じられないお湯ですが、
電車が来るまでの間にゆっくりと浸かるだけで、疲れがとれるような気がします。


【2012年6月18日入湯】
入浴料/無料(ホームにあるため、乗車券または入場券が必要)
営業時間/9:00~21:00
休み/なし
関連記事
スポンサーサイト

衣温泉【長野県上諏訪温泉】

R0012576a.jpg
大和温泉から小さな川沿いを歩いて、次にめざす衣温泉に辿り着きました。
入口の貯湯タンクが目印。
汗が引くには距離が足りなかったので、しばらく川沿いで休んでから入りました。


R0012582a.jpg
洗い場もお風呂もレトロな雰囲気です。

お湯はやや緑がかってみえる透明。
私の前にはしばらく誰も入っていなかったようで、
貯まった湯の鮮度が落ちているような感じでした。
蛇口をひねり、新鮮なお湯をドバドバと出しながら入りたかったのですが、
すぐ後に小さな子ども連れのお母さんが入ってきて、
あんまり熱くしてしまうのもな。。。とお湯をとめて、そのまま浸かりました。

湯口からは薄く硫黄の香りが感じられました。
黒い湯の花のようなものも舞っています。
ドバドバかけ流しながら入れたら、最高だっただろうな。


R0012580a.jpg
木が組まれた天井の雰囲気も素敵ですよね。
外観の印象よりも、浴室は立派に造られているように感じました。


【2012年6月18日入湯】
入浴料/200円
営業時間/7:00~20:30
休み/木曜日







関連記事

大和温泉【長野県上諏訪温泉】


上諏訪駅から徒歩15分ぐらいのところに、
「湯小路」という何とも惹かれる名前の地区があります。
上諏訪は別府に次いで共同浴場の多い地域で、そのほとんどが地元専用。
ちなみに正面のレトロな建物も、その裏にも、ジモ専の共同浴場があります。

大和温泉は一般にも開放されている数少ない共同浴場のひとつ。
駅からは「湯小路いきいき元気館」を目指して歩き、
写真正面のレトロな共同浴場を右に進んだところにあります。


R0012574a.jpg
といっても入口はこんな感じなので、注意して見ないと通り過ぎてしまいます。
民家と民家の間を抜けて、中庭にお邪魔する感じです。


R0012572a.jpg
実はここの温泉がこの日巡ったなかでいちばん気に入りました。
泉質は単純硫黄泉。浴槽が緑色のタイル張りなのでお湯もグリーンに見えますが、
ほぼ無色透明。
強い硫黄の香りに、焦げた香ばしさのようなものも混じります。
とろりとした感触も楽しめます。


R0012569a.jpg
脱衣所にはこんな掲示がありました。
加水はよくない、と考える向きがほとんどだとは思いますが、
やっぱり気持ちの良い温度で入れるに越したことはありません。
力のある温泉でないと、成り立たないことかもしれませんけどね。


【2012年6月18日入湯】
入浴料/230円
営業時間/7:00~22:00
休み/水曜
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。