スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山大学病院三朝医療センター分室【鳥取県三朝温泉】


昨年になりますが、三朝温泉を取材した際にラドン熱気浴を体験しました。
これはラジウムを多く含む三朝温泉ならではの入浴法で、
空気中に放出されたラドンを吸入することにより、免疫力や自然治癒力を高めるもの。
温泉を医療に取り入れている岡山大学病院三朝医療センターの分室にあたり、
温泉街の中にあります。

熱気浴室の奥で温泉が湧き出ており、その熱で室内は気温40℃、湿度90%になります。
その室内に30分ほど入ります。
「鼻から深呼吸して、一旦止めて、ゆっくりと口で吐く」
と係りの方にコツを教えてもらいました。
取材の合間で少ししか体験できませんでしたが、じんわりと汗がにじんできます。

リウマチやぜんそく、肺疾患の方が主に療養に訪れるそうです。
その人の症状によって合う合わないはあるかもしれませんが、
ごはんも食べられなかった肺がん患者さんが元気になって帰られた、
いうお話も聞きました。

ラドン熱気浴体験は予約制で、
共同浴場「たまわりの湯」に電話またはファックスで予約します。
詳しくはこちらでご確認ください。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。