スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港の湯【長野県浅間温泉】


浅間温泉には共同浴場が多数ありますが、ほとんどが地元専用。
旅行者にも開放されているのは2つ。
そのひとつが温泉街の入口近くにある「港の湯」です。
一見すると営業してるのかしてないのか分からないすっきりとした外観なので、
通り過ぎてしまう人もいるかもしれないですね。


R0<br />012721a.jpg
浴室にはレトロなタイル張りの風呂がひとつ。
4人がぎりぎり入れるぐらいの広さです。

私もいろんな共同浴場にチャレンジしてきましたが、ここはかなり熱い!
源泉温度49.7℃がほぼそのままの温度を保って注がれている感じで、
足を付けることもままなりません。

かけ湯を繰り返して2、30分後、
意を決して静かに身を沈めたらやっと入ることができました。
体が熱さに馴れれば気持ちいい。
でもすぐに火傷しそうな熱さを足元に感じてギブアップしてしまいましたが、
あつ湯ならではの浸かった後の爽快感がたまりません。

共同浴場は地元の湯仲間で管理されていて、番台の当番も交替でされているそう。
利用させていただけることに感謝しながら浸かりたいものです。


【2012年7月14日入湯】
入浴料/200円
営業時間/6:30~20:30
休み/なし

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。