スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大出館【栃木県塩原元湯温泉】



「墨の湯」
まるで、墨汁を流したかのように、真っ黒だ。

女湯にも、家族風呂にも、墨っぽいお湯はあるが、
墨の湯と名の付くこの混浴風呂の黒さは群を抜いている。

湯には、炭を細かく砕いたような湯の花が大量に舞っている。
黒い湯花の正体は、鉄分なんだとか。
肌をなめるつるつるとした感触も忘れ難い。
大出館は、以前宿泊したことのある「ゑびすや」と同じ、塩原温泉の元湯地区にある。
日本秘湯を守る会の会員宿。
上記の「墨の湯」はかなり入りにくい混浴だが、この湯だけ特別感があるので、
ぜひ入浴したい。女性専用時間もある。

R0013115a.jpg
女湯の内湯。剥げ落ちた壁がいい枯れ具合だ。
墨の湯にくらべると、鼠色っぽい。
飲泉も可能で、ほのかに油臭がして、後味は苦い。

R0013116a.jpg
家族風呂。女湯より墨っぽく感じる。

R0013111a.jpg
女湯の露天風呂。混浴の手前の浴槽と同じ、白濁。
紅葉の名残の渓谷を眺めた。


【2012年11月7日入湯】
入浴料/600円(※訪問時は「自遊人」の温泉パスポートを利用)
日帰り営業時間/10:00~16:00(受付は14:00まで)

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。