スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裾花峡温泉 うるおい館【長野県長野市】



「県庁のそばにある渓谷」

すぐそこに、県庁がある。まごうことなく、長野市の中心部。
そんなことを忘れてしまうほどの開放感と眺望が露天風呂で待っていた。

渓谷の名を冠した温泉地名にいつわりなし。
「白岩の湯」と「流泉の湯」の2つの浴場は男女日替わり。
当日は「白岩の湯」が女湯だった。
長さ22メートルの横に広がり持つ露天風呂が非常に開放感があり、
目の前には裾花峡の白岩の壁を望む。
暗くなりかけの頃ではあったが、市街地とは思えない眺めに、
自分が一瞬どこにいるのか分からなくなった。

お湯も個性があってよい。
松代ほどではないが褐色に濁り、油臭を感じる。
つるつるとした感触で、舐めると甘塩っぱい。

もうひとつ、内湯に別源泉の「保玉湯乃花温泉」があったが、
タンクローリーで運んだ湯を循環させているようで、
塩素臭がきつかったのであまり入らなかった。

日帰り温泉だけでなく、宿泊施設も備えている。
ビジネスマンの出張だし、観光の後にちょっとひとっ風呂ってのもいいね。


【2012年11月15日入湯】
入浴料/650円、土日祝・特定休期間700円、その他朝風呂、ナイト料金などあり
営業時間/朝風呂6:00~9:00、日帰り入浴10:00~23:00
休み/なし

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。