スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百観音温泉

R0013408a.jpg
地下深くに閉じ込められた太古の海水が、豊かな温泉としてはぐくまれ、
動力ではなく、天然ガスの力で地表に噴出する。

関東の平野部では非常に珍しい自噴温泉が、埼玉の、とある駅前にある。
ただの日帰り温泉ではない、本気の湯治場っぽさが感じられる施設である。
R0013405a.jpg
前回の訪問時のレポートはこちら。
宇都宮線の東鷲宮駅から徒歩3分。
栃木に引っ越し、都内からの帰りに途中下車で寄ることができるので久々の再訪です。

ここは、源泉、引湯方法、泉質などを評価する
日本温泉協会の審査機構により、すべての項目において5ツ星を取得している。
泉質は、ナトリウム-塩化物強塩泉
温泉のしぶきが唇についただけでかなりの塩気を感じるほど、塩分が強く、
ちょっとゴムのような、油臭のような匂いが漂う。

施設は前回来たときと変わっていない。
露天風呂にボタン式でいきおいよく湯が落ちてくる打たせ湯や、
46℃と高温な立ち湯などがあり、
熱い湯は温泉の効果とあいまってピリピリとした刺激を感じる。
露天の奥に、あとから増設されたような広めの露天風呂が続いている。

埼玉は高レベルの日帰り温泉施設が多いが、
湧き出す温泉の良さだけでなく、その使い方に配慮が感じられる施設が多い。
こちらはその草分けといえる存在で、変わりないことに安心した。


【2013年4月22日入湯】
入浴料/700円
営業時間/8:00~23:00、土・日・祝6:30~
休み/第3火曜日(祝日の場合は翌日)

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。