スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士尾山荘



レトロな食堂風のお蕎麦屋さんの奥に、温泉がある。

まるで蕎麦湯のよう、と言ったら言い過ぎかな。
ほんのりとろみのある温泉が、優しく肌を包んでくれる。
R0013442a.jpg
人気のカフェや雑貨店などが点在する安曇野の山麓線沿いに建つ。
まわりは小洒落た店が多く、鄙びた雰囲気に逆に惹きつけられる。
30年以上前から蕎麦店を営み、温泉を引いたのをきっかけに、民宿も始められたそうだ。
そして、蕎麦を食べなくても日帰り入浴ができる。

蕎麦屋のカウンターでご主人に声をかけ、入浴料(400円)を支払い、
案内に従って奥へ進み、温泉へ向かう。

R0013448a.jpg
温泉は最初の写真の内湯のみ。
10km離れた有明温泉からの引湯で、浴槽の塩素殺菌は行っているが、
加水・加温なしで、常時掛け流しとのこと。
塩素がまったく気にならないし、湯の鮮度の良さも感じられる。
しっかり熱く、とろみのある温泉は、穂高温泉郷の中でも質が良いほうだと思う。

真ん中の湯口にはコップが4つほど置かれていて、飲めるようになっている。
無味無臭ではあるが、まろやかな口あたり。
飲めるのはいい温泉の証。


【2013年5月15日入湯】
入浴料/400円
営業時間/10:30~20:30
休み/なし

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。