スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳沢鉱泉 清水屋

R0013574a.jpg

那須高原の華やかなエリアから少し離れただけで、
こんな静かな秘湯に出会えた。

窓の光に照らされた湯は、やや明るめの黄土色に濁る。
周囲の石やタイルも、湯の濃厚さを物語るかのように、同じ色に染まる。



那須ハイランドパークを南下し、小さな看板に従って左折すると、
広がりのある風景がしばらく続いた。
田園の向こうに広がるのは雄大な那須連山。
山裾に見える絶叫マシンがちょっと不思議なぐらい、人工物があまりない。
那須は林の中を抜ける道が多いから、新鮮な風景だった。


R0013568a.jpg
かなり奥には入るが、ところどころに看板があるので、迷うことなく辿り着けた。
建物は平屋で、屋号が書いていなければ民家のようだ。


R0013571a.jpg
湯の表面を見ると、白い油膜のようなものが浮いている。
湯の成分であるカルシウムが結晶化したものらしい。

鉱泉なので源泉は冷たく、加温されているのだが、結構熱めだった。
身を沈めてしまえば心地よく、だんだん肌がつるつるした感触になってくる。


湯船はひとつのみなので、交代制で利用するようになっている。
私たちは先客がいなかったのですぐに入れたが、
どうやらほかのお客さんを待たせてしまっていたみたいで。。。
申し訳ナカッタデス。でも、それだけ静かに、時を忘れて過ごすことができた。


【2013年6月10日入湯】
入浴料/350円
日帰り営業時間/要確認
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。