スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八幡の湯【福島県飯坂温泉】

今週、月火で、茨城県平潟港温泉と
福島県飯坂温泉の取材に行ってきました。

平潟港は日帰り立ち寄りのため、時間がありませんでしたが、
飯坂は一泊なので、取材終わりに少しだけ湯巡り温泉

飯坂には有名な「鯖湖湯」ほか、
全部で8軒の共同湯が点在しています。
鯖湖湯には以前入浴したことがあるので、
宿から近かった「八幡の湯」に行ってみました。
R0010652a.jpg
秋にけんか祭りが行われる「八幡神社」のそばにあり、
松の木が印象的です。







飯坂の共同湯は熱い、熱いと聞いてましたので、
それなりの覚悟をもって、そしてその熱い湯を楽しみに行きました。

夜、20時過ぎに行くと、先客は3名ほど。
ホースでちょろちょろと加水されてましたが、
湯船の中心にある温度計を見ると
46~7℃を差してます。

かけ湯で体を慣らし、思いきって浸かると、
入れなくはないが、じんじんとくる熱さ
手と足の爪の間を、刺激してくる感じ。

そう長くは浸かれませんが、
熱湯を克服できた達成感GOODがあります。


地元のおばちゃんらしき方が出たあとで、
市内からやってきたという女性が
「熱くないですか~?」と声を掛けてきました。

もう少し加水したかったけれど、
地元の人がよく思わないと思って、
いかにもよそ者の私だけになるまで待ってたそうなのです。

そっからじゃんじゃん加水が始まったので
長居はしませんでしたが、
いろいろ飯坂のお話をさせていただき、
共同湯らしい、楽しい時間を過ごしました。


私も今まであまり熱湯が得意な方ではなかったのですが、
東京の銭湯めぐりで、だいぶ適応できるようになったのかなアップロードファイル



R0010659a.jpg
湯上がり、コンビニを求めて駅の方へ歩いていたら、摺上川にかかる十綱橋に見惚れてしまった。

ライトアップされた橋が、
川の水面に鏡のように映っています。

廃墟旅館が立ち並んで、
地元でも疎まれている風景ですが、
高度成長期の遺産が好きな私は、
かなり萌え~

夜中にいろんなアングルで写真を撮りまくる、
超不審人物でした。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。