スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貝掛温泉館【新潟県・貝掛温泉】

スキー旅行を兼ね、貝掛温泉に宿泊してきました。
秘湯を守る会に加盟する宿で、前から行ってみたかった温泉のひとつです。

貝掛 客室

客室は至ってシンプルですが、広々と使いやすい。


20070330184737.jpg20070330184644.jpg

こちらは目の温泉として有名。
ホウ酸の含有量が多いからのようです。
湯口のそばで源泉があぶくとなったところに目を浸し、ぱちくりとまばたきして洗います。
そうすると一瞬にして視界がクリアになった気がしました。
日ごろの目の疲れもとれますね。

源泉そのままの浴槽は36~7℃といったところでしょうか?
内湯、露天それぞれに源泉湯と加温された湯が用意されています。
ほんのり、ほんと少しだけぬくもりを感じる程度の熱さのぬる湯で、
長時間浸かっていることができます。
実際、軽く2時間越えしました(笑)。

湯の中でじっとしていると、体中に気泡が付いているのに気づきます。
この泡のクッションに包まれている感じがなんとも心地よい♪
不思議と加温された湯のほうではこの泡の付きが弱かった。

雑誌で何度も写真を目にしていた露天風呂は、2、3割増しの大きさで想像していたため、想像よりは少し小さく感じました。でも十分に大きいですけど(汗)。
高い天井に太い梁、そして木のやさしさが感じられる内湯のほうが私は好き。

20070330184631.jpg
大浴場のそばの談話室みたいな所には目ぐすりの木のお茶がやかんに用意されていました。

20070330184708.jpg20070330184721.jpg

料理は派手さはないものの、量もちょうどよく、好感のもてる内容です。
紅マスの刺身や地の山菜、きのこなどが小鉢に盛り付けられます。
メインは鴨鍋。
いちばん印象に残ったのがごはんですね。
さすが米どころ! 漬物とほうじ茶をかけてお茶漬けにしてもいただきました。


【総評】
仙仁温泉「岩の湯」以来のじっくり浸かっていられるぬる湯がかなりのお気に入り。
夏や秋の景色もいいのかもしれませんが、しんしんと降る雪の中で浸かるの冬のほうがこちらの秘湯のムードには合っているかもしれませんね。


貝掛温泉館
新潟県南魚沼郡湯沢町三俣686
http://www.kaikake.com/
JTBでこの宿の情報を見る

【2007年2月18日~19日宿泊】

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。