スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろりの宿 平左ェ門【新潟県咲花温泉】

11月の連休にいとこの結婚式で新潟に行ってまして、
その日の晩に咲花温泉温泉のこの宿に家族で宿泊しました。

宿を予約したのは前日のこと。
「親戚の家に泊まれなくなったから、
明日適当な宿、予約しといて」
そんな投げやりな母からの電話アップロードファイルを早朝に受け、
あわてて探し始めたのでした。

さすが、三連休。
新潟市内に近い月岡温泉から探し始めまして、
目ぼしい宿は満室ばかり泣く

地図を眺めて、次に目を付けたのが、咲花温泉温泉でした。
磐越道で川の向こうに見えるあそこね、ぐらいの認識で、
行ったことがなかった温泉地でしたが、よくよく調べてみると、
月岡と麒麟山のいいとこどりをしたような温泉だな~と。

こりゃ、いいじゃん!と電話してみたら
「空いてますよ」との嬉しい返事。
しかも4人1部屋で1人1万円ぐらい(休前日なのに)。

「お願いします!!!」...即答でした。


だいぶ前置きが長くなりましたが発熱
家族に「感謝しろ!」「誰のおかげじゃ?」と、
事あるごとにいいたくなるぐらい、大満足の宿でした。
R0010699a.jpg
阿賀野川にかかる橋を渡り、鄙びた旅館が立ち並ぶ細道を進みます。
咲花駅を過ぎてしばらく行ったところに、宿はありました。

館内は畳廊下が続いています。








R0010698a.jpg
思わず「広っ!」って言っちゃったんですが、
案内されたのは、約20畳のちょっとした宴会場ぐらい広い客室。

「いろりの宿」だけに、部屋も囲炉裏付きです。




R0010685a.jpg
ひと息ついて、温泉です。

浴室のドアを開けた瞬間に、硫黄臭が鼻をくすぐります。
デジカメは翌朝なので透明に近かったのですが、
夜は、かなり湯の色が
エメラルドグリーンでした。
ぬるめで、ずーっと浸かっていられます。





R0010686a.jpg
阿賀野川のほとりに立つので、露天風呂からは静かに流れる川が眺められます。

この露天が阿賀野川のもう少し上流の麒麟山温泉温泉を思い出させ、お湯は美人の湯の月岡温泉温泉を少し薄くした感じで。
そんでもって穴場で、言うことなし。

いつ入っても貸切状態!
ほんとに三連休か?ってぐらい、いいお湯をのんびりと堪能できました♪



R0010682a.jpg
「1万円じゃ、料理は大したことないわね」
なーんて来る前まで
母はほざいてましたがjumee☆faceA100
なんの、なんの、普通に豪華で海の幸たっぷりですキラキラ

15時まで披露宴で食べっぱなしだったので結構残してしまったのが残念です。



R0010696a.jpg
朝ごはんもなかなか豪華。


いやーほんとお値段の割に、大満足のいいお宿でした。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。