スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新津温泉【新潟県新津温泉】

咲花温泉に宿泊した翌日に、
少し新潟に戻る感じでしたが、
どーしても行ってみたくて入浴してきました。

キングオブ・アブラ臭温泉って言ってもいいんじゃないでしょうかね~。
いやー、かなり最高な泉質でした。
R0010702a.jpg
迷いました。
まず目印の「長崎屋」が「ベルシティ」に変わっていたこと。
あとルート的に路地の看板が見えなくて、
どこを入っていいのかぐるぐる絵文字名を入力してください

やっとこさ辿り着いた外観は、古い民家風といったところ。かなりの味が出ちゃってます。
あたいと妹はテンションあがりまくりなのにアップアップアップ
父と母はここで入浴パスjumee☆faceA175


R0010700a.jpg
ずっと入られている方がいらっしゃったので
隠し撮りみたいになっちゃいましたがう~ん

浴室の扉を開けた瞬間に、
独特の石油臭というかアブラ臭を感じます。
湯は薄く白濁した感じ。
つるっとした感触も心地よく、鮮度の良さも抜群でした。




湯上がりに休憩所になっている広間に立ち寄ると、
転々と置かれたコタツに入っているおじいさん、おばあさんたちが、
一斉に視線をこちらに向けました。
明らかにヨソモノはわてらだけ。
みんな持ち寄った漬物とかをつまんだりして、の~んびり過ごしてます。

奥にいたおっちゃん二人のコタツ班に、
「お嬢ちゃんたちも一緒に入りなよ~」的なお誘いをうけ、
「なーんもしないから」
絵文字名を入力してくださいそばにいてくれるだけでいい~ なんてな」
みたいな愉快なトークが。

笑いながら丁重にお断りするとアップロードファイル
私たちの近くにストーブを運んでくれて、とっても親切でした。



湯上がりもしばらくカラダ中にアブラ臭が染みついてました。
車で待ってた母に手の匂いを嗅がせたら、
「いやだわ、やっぱり私はこんなの」的な感想。
なんだかな~ぶー





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。